作品紹介

花を追え

 ー仕立屋・琥珀と着物の迷宮ー

【第6回アガサ・クリスティー賞優秀賞受賞作】
 
 仙台の夏の夕暮れ。篠笛教室に通う着物が苦手な女子高生・八重はふとしたことから着流し姿の美青年・宝紀琥珀と出会った。そして仕立屋という職業柄か着物にやたらと詳しい琥珀とともに、着物にまつわる様々な謎に挑むことに。ドロボウになる祝着や、端切れのシュシュの呪い、そして幻の古裂「辻が花」……やがて浮かぶ琥珀の過去と、徐々に近づく二人の距離は果たして――?
 謎のイケメン仕立屋・琥珀と女子高生・八重の着物をめぐる和ミステリ登場!

 〈目 次〉
  一の裂 着物を着ると泥棒になる?
  二の裂 呪いまじない、解くほどく
  三の裂 花の追憶
  四の裂 辻が花の娘
  五の裂 花を追え

 

61NmOx7uIDL._SX336_BO1,204,203,200_.jpg

文庫: 416ページ

定価 886円(税込み)
発売日: 2016/11/22
出版社 : 早川書房 

ISBN : 9784150312527

〈選考委員選評(抜粋)〉

 

東 直己(作家)

機知にとんだ短篇集で、この作品が読んでいて、一番純粋に楽しむことができた。この著者は、不思議なサービス精神旺盛な方なのだろう、もっとも好感を持った。惜しくも大賞受賞とはならなかったが、匹敵する底力を秘めている。

北上次郎(文芸評論家)
着物の知識を核にした日常の謎ミステリで、着物の柄には歴史的な意味があることなどはなかなか面白い。さらに、第三話以降は一つの謎をめぐって大きな話になっていく。

鴻巣友季子(翻訳家)
和服の雑学を鏤めながら、日常の小さな謎解きから、ある人物の出自に関わる大きな謎に発展していく、「きもの連作ミステリ」というべき異色作。時おり老舗文化批評などもさり気なく差し挟まれるところに、作者の気骨を感じました。

清水直樹(ミステリマガジン編集長)
謎がただ謎として解かれるだけでなく、登場人物と有機的に絡むことで物語に厚みが出ている。とくに第三話以降の終盤は、物語に引き込まれた。

 

 

 

hanacm_01.jpg
  • w-facebook
  • Twitter Clean
  • w-youtube

= 新刊・既刊案内 =

新刊

 

✿ 祈りの守
ー仕立屋・琥珀と着物の迷宮3ー

 ハヤカワ文庫JA
 価格 972円 (税込)

 
詳しくはこちら ⇒

 

既 刊

 

✿ 旧暦屋、始めました

ー仕立屋・琥珀と着物の迷宮2ー

 ハヤカワ文庫JA
 価格 842円
 2017年9月発売

 

 詳しくはこちら ⇒


 

✿ 花を追え

ー仕立屋・琥珀と着物の迷宮ー

 ハヤカワ文庫JA
 価格 886円
 2016年11月発売

 
ご購入はこちら ☞

 

© 2018 春坂咲月 作者に許可なく文章・画像の複製、転載を禁じます

  • Twitter - Black Circle
  • Google+ - Black Circle
  • YouTube - Black Circle
  • Pinterest - Black Circle
  • Instagram - Black Circle
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now